開運コラム「NOとハッキリ言える自分になりたい!」をアップ

2017/12/31

 

「NO」とハッキリ言える自分になりたい!


1.伝える勇気が気の弱さを克服する
2.マイナス感情を内に溜め込むと、運は遠ざかる
3.ゴキブリ(マイナス感情)は必ずあなたの元に戻ってくる
4.話し合いは「言葉」よりも「感情」が大切
5.言葉に色をつければ、相手もその色に染まる
6.相手を理解すれば、ハッキリ言える自分になれる

 


1.伝える勇気が気の弱さを克服する


意識的に運を発生させるプラス思考は、全てのマイナスの出来事を受け入れなければなりません。外の世界で起こったマイナスの出来事を、自分の心の中(内の世界)でプラスの感情に変換してあげることによって、それがまた外の世界へプラスの出来事となって反映されていきます。

さて、自分の思いを相手に伝えることのできない人にとって、プラス思考は大変役立つものかもしれません。それは身の周りで起こった出来事に対して、自分の心の中だけで処理するので、他人とのコミュニケーションがほとんど必要ないからです。“相手にハッキリ言えない”からこそ、皆さんは心の中でマイナスの感情をプラスの感情に持っていく努力をしているのだと思います。

「相手の言った事を全て受け入れる」というのは、まだまだ初歩的なプラス思考だと認識した方が良いかもしれません。何故なら皆さんの本来の望みは“相手にハッキリ言える”ようになるのが最終的な目的だからです。

きっと皆さんも薄々、感じていた事と思います。心の中に多少の矛盾を感じながらもプラス思考をしていた人が多かったかもしれません。本当は、相手の言った事(文句、嫌味、批判、異なる考えなど)に対して、自分の心の中で処理するのではなく“言葉”として相手にハッキリ伝えたいと思っているはずです。

言葉によって相手と和解するのではなく、全て自分の心の中だけで処理してしまえば、皆さんの自主性がなくなってしまうおそれがあります。

皆さんはきっと普段からプラス思考の練習をしていると思いますので、以前に比べて心の中はかなり穏やかになっているはずです。相手を「受け入れる思いやり」は充分養われたことと思います。

きっと身近な人間関係もかなり良好になったのではないかと思います。それができたのなら、ぜひ次のステップに進んでもらいたいと思います。相手に「伝える勇気」ができるようになったら、本当の意味で皆さんは、自信に満ち溢れた強い心の持ち主になっていることだと思います。

思いやりが強すぎる人は、どうしても伝える勇気が欠如してしまう傾向が強いです。逆に伝える勇気が強すぎる人(自分の意見をハッキリ言う人)は、周りに配慮する思いやりが欠如してしまう傾向が強いです。

職場などで周りの人を観察すれば、かなり当てはまっていることを確認することができると思います。皆さんはこの思いやり勇気をバランスよく身につけることによって、今までにない新しい自分になっていることに気がつくと思います。

思いやりは「受け入れる」ことになるので、プラスになります。勇気は「自分の意見を吐き出す」ことになるので、マイナスになります。


続きはメンバーページにて。

メンバーお申込み
(会員になるとメール相談が1年間無料という、特典も付いています)