開運コラム「思考は現実化するって、本当なの?」をアップ

2017/12/29

思考は現実化するって、本当なの?


メンバーページにて、開運コラム「思考は現実化するって、本当なの?」をアップしました。

1.イメージしなくても望みは叶う
2.”現場”で証明すれば、望みは叶う
3.他人の幸せを祝福できれば、望みは叶う
4.苦しみのどん底で、最初に味わう思いが現実となる
5.周りの人の思考も、自分の未来に影響を与える

6.不安・心配の種は、プラスのイメージで摘み取れる

 

1.イメージしなくても、望みは叶う


思考は現実化する・・・というのは広く世間に知れ渡っていることです。願望を実現させる為に、イメージトレーニングをしている人はとても多いです。そして潜在意識に深く植え込もうと、何度も何度も強烈にイメージする人も見受けられます。

以下のようなメールを送ってくる人がとても多いです。

「強く願っても自分の望みが叶った試しがない」
「お店が儲かっているイメージを何度もしたが、その通りになった試しがない」
「100万もする高額のプログラムを実践したが、未だに効果が出ない」
といった感じです。

高額のローンを払い続けて、以前よりも家計が苦しくなったという、目も当てられない状況の人もいます。
これは、イメージすることを推奨している本などが多いことも関係していると思います。でも実際には、「イメージしなくても望みは叶った!」、「口に出したり紙に書いたりしてないのに、望みは叶った!」という声はとても多いです。面談やメールなどの相談で、望みが叶っている人の多くは、「イメージなんかしていない」という人が意外にも多いのです。

イメージすることの危険性は、「・・・が欲しい!」という思考に繋がってしまうことです。「・・・が欲しい!」と思うことは、「自分には・・・がない」という思考をしていることの裏返しになってしまいます。ですからイメージを強くすればするほど、「自分には・・・が“全く”ない」という、とても悲惨な思考をしていることになってしまいます。

皆さんが普段から思っている事や叶えたい事は、わざわざ念を押して、イメージする必要はありません。ちなみに私もイメージトレーニングなどはほとんどしていません。

あるお店の経営者が「1年後のお店が繁盛して、凄い儲かっている」ところをイメージしたとしましょう。しかし、その直後に売上が落ち込んだとします。この経営者は「売上が落ち込んだのは、イメージが弱いからだ!」と気を取り直し、さらに強くイメージしました。するとさらに売上が落ちてしまいました。

こうなるともう、この経営者はパニックに陥り精神的なダメージは計り知れないものがあります。イメージする暇があるのなら、知恵を出したり店内を掃除したりしている方がよっぽどましです。

イメージする危険性は、「望みが叶うか叶わないか」という問題ではなくて、
「頭や体を使わなくなる」
ことの方が重大です。そう考えれば皆さん納得して頂けるのではないでしょうか。

続きはメンバーページにて。

メンバーお申込み
(会員になるとメール相談が1年間無料という、特典も付いています)