マイナスのイメトレで、災難は事前に防げる

2016/12/18

201701101542_1-600x0.jpg


マイナスのイメトレで、災難は事前に防げる


◆12月14日より、新しい記事がスタートしました。

「マイナスのイメトレで、災難は事前に防げる」というタイトルです。

イメトレ(イメージトレーニング)と言えば、願望を実現するためによく使われます。

願望実現の他にも、実用的なことでは会議のプレゼンやスポーツなどでも幅広く使われています。

会議のプレゼンやスポーツなどでは、予習の意味も含めて実際の場(会議や試合)で失敗しない為に練習をしておくものです。
 

願望実現の場合は、自身の叶えたい夢や願望をありありと鮮明に想像するのが目的です。

夢や願望は、その人自身の叶えたいことですので、プラスの現象になります。

イメージングと言えば、世間の常識では、プラスの現象を得ることに意識が向けられています。


引き寄せの法則でも、プラスのイメージだけを想定しています。

マイナスの現象をイメージングするというのは、イメージングの世界や引き寄せの法則では、絶対にNGです。

◆マイナスをイメージすると強運になれる。


理由は、マイナスの現象をイメージすると、そのマイナスの現象を引き寄せしまうというものです。

しかし、実際には物事はそう単純ではありません。

マイナスのイメージをして、マイナス感情に浸り、そしてそのマイナス感情を受け入れて消化する。

このプロセスを実践するだけで、とんでもない強運になることができます。

しかも、災難(事故、病気、災害、失業、金銭苦など)になる確率は限りなく0%に近づきます。

マイナスの出来事をイメージングするのは、世の常識では絶対にタブーです。


しかし、よく考えてみて下さい、

イメージングや引き寄せの法則では、マイナス感情になるのは絶対にNGです。

その為、「将来地震の被害に遭ったらどうしよう」と考えることは、不安が増幅してマイナス感情になるので、それらの事を考えないようにすることでしょう。

「地震に遭わないように平和に暮らしている」ところをイメージするよう勧めることでしょう。

でも、それは単なる慢心でしかありません。


また、心の底からマイナス感情を払拭していることにはなりません。

実は「将来、地震の被害に遭うかもしれない」と想定(イメージ)して、その為に準備をしておくことこそが、心の中からマイナス感情を取り払う最強の方法になります。

何も準備していない人と、しっかり準備している人。

どちらが、つねに心地よい感情を保つことができるでしょうか?

引き寄せの法則では、「つねに心地よい気持ちでいると望むものは全て引き寄せられるという教えですから、

何も準備していない人

しっかり準備している人

のどちらが、より多くの願望を叶えられるかは、明白でしょう。

世間では絶対に教えてくれない、「マイナスを想像(イメージ)する」という新記事で、潜在意識の新しい世界をお楽しみ下さい。

メンバーお申込み
(会員になるとメール相談が1年間無料という、特典も付いています)