ストーリー「マイケルの物語・願望実現編」をアップ

2018/01/08

 

マイケルの物語・願望実現編

バツイチ女性の恋愛&願望実現ストーリー
目次(毎週月曜日更新)

01.あなたのイメージングは麻薬と同じ!(1/8UP)
02.人生は変えられないものなのか?
03.願望実現はイメージングよりも対価が必要!
04.大人の世界は、甘くない!
05.焦り過ぎると願望は叶わない
06.得るのが先か、与えるのが先か
07.バランス、社交ダンスを始める
08.クレンジングをしないと願望は叶わない?
09.自分を信じることができるのか?
10.見返りを求めない方が幸せになれる?
11.バランス、借金を肩代わりする
12.ジョンの母親が恋をした?
13.バランス、女性を食事に誘う
14.バランス失恋する
15.願望実現のキーワードは臨界点
16.快楽と心地よさは脳内で区別されている?
17.小さな事に幸福感を見つけられるか?
18.大きく飛躍する為に必要な事とは?
19.誤解が解ける
20.運気を高めるには煩悩を捨てよ!
21.願望を叶えるには、努力という概念を捨てる
22.感情のコントロールで恋愛運アップ!
23.好きな人を嫌いになる?
24.バランスに子供ができる

 


1.あなたのイメージングは麻薬と同じ


バランス-『え~と、確かコンビニの隣のビルとか言ってたよな・・・。あった、あった、ここのビルだな。え~とエレベーターで5Fまで行けばいいんだな・・・。』

○○ビル5F

バランス-『なんだか、ずいぶんと広いフロアだよな。これじゃあ、探すのが大変だ。』

男の人-『どこへ行きたいのですか?』

バランス-『あっ、ちょうど良かった。社交ダンス教室はどこかなと思って探してたんです。』

男の人-『あんたが、社交ダンスをやるのかい?』

バランス-『何か変ですか?』

男の人-『なんか、冴えない顔しているからさ・・・。』

バランス-『冴えない顔の僕が、社交ダンスをやっちゃあいけないって言うのかい?』

男の人-『別にそんなんじゃないけど・・・。』

バランス-『それよりも、教室はどこにあります?』

男の人-『たしか、ここをまっすぐ行って、突き当たりのところだと思ったよ。』

バランス-『ありがとう。』

願望実現講座の教室

バランス-『ここの教室かな?誰もいないようだけど、とりあえず席について待ってみようか・・・。まだ時間も早いようだし・・・、あっ、人が何人か入ってきたぞ。おっ、また入ってきた・・・。』

講師-『はい!それでは始めますよ~。今日は、前回もお話したように、「イメージング」について学びます!』

バランス-『(イメージング???)』

講師-『え~、潜在意識というのは、頭の中で描いている事と現実を区別をすることができません。ですから、その特性を活かして、成功やお金や幸せを手に入れようというのが、今回の講座になります。今回は2回目なので、イメージングについてさらに詳しく学んでいきますからね。』

バランス-『(なんだよ、教室間違えちゃったじゃないか・・・。イメージングなんて、全然興味ないもんね。帰ろうか・・・。)』

講師-『きみ、何処にいくんだね。』

バランス-『教室を間違えちゃったみたいなんで、帰ります。』

講師-『せっかくだから、少しだけでも聞いていったらどうかね。』

バランス-『本当に興味ないんで・・・。』

講師-『イメージングを習得すれば、どんな願望でも叶うぞ!』

バランス-『でも・・・、イメージングだけで、どんな願望も叶うっていうのは、ちょっと都合が良すぎませんか?』

講師-『何を言ってるんだね、きみは!!イメージングの事なんて、何も知らないくせに!いいから早く席に着きなさい!』

バランス-『やっぱり帰ります・・・。』

講師-『大金持ちになりたくないのか?女の子にモテモテになりたくないのか?』

バランス-『そりゃあ、女の子にモテモテになりたいですよ。』

講師-『よし!じゃあ決まりだ!どっこから見ても冴えない風貌のきみを、私が変えてみせよう。』

バランス-『あの~、ちなみにですけど・・・。もし、鮮明にありありと、1億円を手に入れたイメージができれば、本当に1億は手に入りますか?』

講師-『当たり前じゃないか!それが潜在意識のすごいところさ!』

バランス-『ふ~ん・・・。』

講師-『なんだ?その、疑いの眼差しは!』

バランス-『じゃあ、誰かが殺されるところを鮮明にイメージできたら、どうですか?』

講師-『それは叶わないだろうな。』

バランス-『なぜですか?』

講師-『そんなことも知らないのか!人を不幸にするような出来事は、潜在意識は受け付けないからな。』

バランス-『それじゃあ、オリンピックの競技で優勝して、金メダルをとった姿をイメージすることができれば、勝つことはできますか?』

講師-『当然だよ!』

バランス-『そう言い切れますか?』

講師-『あぁ。言い切れる!』

バランス-『金メダルをとった姿をイメージして、毎日毎日強い恍惚感に浸っている事が、人を不幸にしているってことはないですか?』

講師-『はぁ?あんた、何を言いたいんだ?』

バランス-『強い恍惚感、それって本当に幸せですか?』

講師-『幸せに決まっているだろ!』

バランス-『強い恍惚感を毎日常習してもですか?』

講師-『はぁ?常習だと?』

バランス-『それじゃあ、麻薬を毎日常習して、強い恍惚感に浸っている場合はどうですか?』

講師-『それはきっと、人間をダメにするだろうな。』

バランス-『イメージングで強い恍惚感に浸っているのと、麻薬で強い恍惚感に浸っているのと、何か違いはありますか?』

講師-『・・・・・』

バランス-『潜在意識は、イメージングの恍惚感と麻薬で得られる恍惚感を区別することはできますか?』

講師-『・・・・・』

バランス-『実は、イメージングによって強い願望を鮮明に描けば描くほど、強い快楽を得られることになりますね。強烈な快楽は麻薬と同じで、人間をダメにするとは思いませんか?』

講師-『・・・・・』

バランス-『人を不幸にするような出来事は、潜在意識は受け付けないのでしたよね?』

講師-『・・・・・』

バランス-『イメージングによって、強い快楽を感じれば感じるほど、願望は遠のいてしまうと私は思いますが・・・。』

講師-『お前、何者だ?』



続きはメンバーページにて。

メンバーお申込み
(会員になるとメール相談が1年間無料という、特典も付いています)