開運コラム「松下幸之助もゼロの法則を実践していた!」をアップ

2018/01/09



「松下幸之助」もゼロの法則を実践していた!

1.「貧乏で良かった」と見事に言い切った!
2.大成功の秘訣は、逆境時の考え方にあり!
3.枕を高くして眠ることを考えるといい!
4.今あるモノに意識する習慣を身に付ける


 

1.「貧乏で良かった」と見事に言い切った!


「ゼロの法則」を実践して成功した人達は、たくさんいます。世界2位の資産家で、投資家のウォーレン・バフェット氏は、サイト内で何度か紹介しているので今回は取り上げませんが、「欲(プラス)を解き放つ(マイナス)」ことで強力にゼロの法則を活用してきました。
(マイナス思考の天才だともいえます)

「ゼロの法則」を活用すれば、必ずトップ(または一流)になれるという証明をする為にも、過去や現在の偉人を紹介することはとても意味のある事だと思います。

日本人が最も尊敬する経営者といえば、一代で世界的な企業に育て上げた「経営の神様-松下幸之助氏」ではないでしょうか。成功した経営者の中では、一番運の重要性を説いておられた方だと思います。

「ゼロの法則」を実践して、心が揺らぎそうになった時、松下幸之助氏の話を読んでたくさんの勇気をもらうといいです。

松下幸之助氏が、自ら「運が良かったから成功した」とまで言い切っています。とにかく他の経営者があまり口にすることのない、「運」という言葉を何度もしつこく口にしています。

何故、松下幸之助氏は、一代で世界的な企業に育て上げることができたのか?

それは、全て(運命)を受け入れてきたからです。

他の人であれば、不平・不満を言ってマイナス思考するような場面でも、ほぼ100%完璧にプラス思考をしています。

例えば、
「貧乏だった(マイナス)からこそ、成功できた!」
「学歴がなかった(マイナス)からこそ、成功できた!」
「体が弱かった(マイナス)からこそ、成功できた!」
なんと素晴らしい、プラス思考でしょうか!

どれもこれも、彼にとっては大きなマイナスだったはずなのに、それをプラスに発想転換させることができたのは凄いことです。

このサイトではいつも、
「苦しい(マイナス)時に喜ぶ(プラス)
「悲しい(マイナス)時に喜ぶ(プラス)
と運が発生すると言っています。

松下幸之助氏の考え方は、「ゼロの法則」そのものです。

「運」のおかげで成功できた!という松下幸之助氏のセリフもとても頷けます。

「貧乏で良かった、学歴がなくて良かった、体が弱くて良かった」
皆さんは、こんなセリフを素直に吐くことができるでしょうか?

マイナスを受け入れる。
マイナスを喜ぶことで、運(エネルギー)が発生することは松下幸之助氏が証明してくれています。

ちなみに松下幸之助氏は、小学校を中退して丁稚奉公に行かされています。たぶん幼少の頃から、想像することもできないほどの屈辱感を味わっていたのではないかと思います。

しかし、その大きな大きな屈辱感を見事に受け入れ、乗り越えたからこそ、とてつもなく大きなエネルギー(運)が発生したのだと思います。

マイナス感情、皆さんは利用していますか?
避けるのではなく、受け入れる!
マイナス感情は、宝物!

それに気づいた者が、幸せを掴むことができます。


続きはメンバーページにて。

メンバーお申込み
(会員になるとメール相談が1年間無料という、特典も付いています)