ブログ記事検索

開運の奥義(水曜日更新)

1031.無縁仏にお参りして、憑かれないのか? [先祖供養2]

rss

皆さん、こんにちは。


本日も「先祖供養」についてお話していきたいと思います。


前回はお墓参りの効果というのは、

「厄落とし」が先で、

「願望実現」が後

という事をお話しました。
 

身の回りが厄だらけだったら、何をやってもうまくいくはずがありませんね。

勝負事というのは、防御さえ完璧だったら、負けることは絶対にありません。

野球やサッカーなどの試合でも、失点がゼロであれば、絶対に負けはありませんね。

引き分けか

勝ちか

の必ずどちらかになりますね。
 

野球のドラフト会議なんかを見ていると、優秀な投手というのは、とても人気があります。

失点をゼロに抑えるというのは、非常に大事なことなんですね。

それと同じで皆さんの人生も失点をゼロに抑えるよう努力することが大切です。

なるべくミスをしないようにするという事ですね。


そういえば、今頃気がついたのですが、以前「金庫の企画」がありましたね。

金庫を購入すると、お金持ちになれるのかどうかという企画でしたね。

私の場合、あまり金運が良くなったという実感はないのですが、一つ大きな事に気がつきました。

それは、不意な出費がほとんどないという事です。

不意な出費や浪費がほとんどないので、貯蓄はどんどん増えていく一方です。

金庫の話はまた機会を改めてお話したいと思います。


さて、話を戻します。

「厄を落とす」というのは、非常に大事ですね。

どうしても、「願望実現」ばかりに目がいってしまい、目先の問題解決には無頓着な人が多いように思います。


私が「ゼロの法則」を実践して、人生が良い方向に進んでいったのも、目先の問題解決(マイナス感情のクリア)をメインにやってきたからだと思います。


「厄落とし」というのは地味なので、あまり目立たないですね。

ですから、どうしても軽視しがちになります。

「先祖供養」といえば、お墓参りが中心となります。


他には、

仏壇にお参りしたり、

お寺の本堂でお参りしたり、

無縁仏にお参りしたり、

水子地蔵にお参りしたり

お地蔵さんにお参りしたり

と色々あるようですが、実際にはお参りする場所というのは限られてきますね。


仏壇にお参りするのと、お墓でお参りするのとでは、何が違うのでしょうか。

私の今までの経験から言うと、やはり室内よりも屋外でのお参りの方が効果が高いように思います。

これについては、絶対という確証はないのですが、その場の「波動」が一番大きいように思います。
 

ご利益や見返りを求め下心満載で、お参りに行くというのは、ちよっと心が貧しく感じますね。

でも、私はそれでいいと思います。

何故なら、私がそうだからです(笑)。
 

墓地やお寺の境内にいると、下心はスッと抜けていきます。

特に無縁仏の前に行くと、「ただひたすらご先祖様のご冥福を祈る」ことに気持ちが集中します。

気持ちがシャキッとして、清々しくなります。
 

「無縁仏にお参りして怖くないの?」とたまに聞かれます。

波動を高く保っていれば憑かれないことを知っているので、怖くはありません。
 

続きはまた次回にお話します。

皆さんの幸運を心からお祈り申し上げます。

トラックバック一覧

コメント

star2.gif star2.gif star2.gif star2.gif star2.gif